連載コラム「谷山浩子 Favourite Things A to Z」

O Ongaku

音楽

ブリジッド・フォンテーヌ
『ブリジット・フォンテーヌは…』
わたしが生まれて最初に口ずさんだ曲は「赤胴鈴之助」だそうです。1才のとき、ラジオから流れてくるメロディに合わせてサビの部分を歌っていたそうです(笑)。次は「大人になりたい」。家にテレビが来たのはわたしが4才のときだったんですが、父と一緒に電気屋にテレビを買いに行ったそうなんです。そのとき、店頭で「大人になりたい」を大きな声で歌ったというエピソードを後に聞かされました(笑)。この曲はフィフティーズのアメリカンポップスで、オリジナルはコニー・フランシスが歌っていたんですが、日本では伊東ゆかりさんや後藤久美子さんがカバーしていました。当時流行っていた日本語のカバーポップスの曲がすごく好きだったんです。

5才か6才のときにNHKの「みんなのうた」が始まって、小学校3、4年生くらいまでよく見ていました。覚えているのが「川で歌おう」「大きな古時計」「花まつり」「雨の遊園地」という曲です。あと当時はテレビをよく見ていたので、テレビから流れてくる歌謡曲やアニメの主題歌も大好きでした。「狼少年ケン」「鉄腕アトム」「鉄人28号」「スーパージェッター」「遊星少年パピイ」「宇宙少年ソラン」「マッハゴーゴー」「ハリスのかぜ」「魔法使いサリー」「少年忍者風のフジ丸」とか、中一くらいまでアニメが大好きでした。小学校のときは集団下校だったので、わたしが音頭取りをして帰り道にみんなでアニメの主題歌を歌っていましたね。

それから小学校高学年になったときにザ・タイガースのファンになってGSをよく聴くようになりました。流行歌として聴いていたらいい曲が多いので好きになっていったんです。ザ・タイガースの中ではピーのファンでした。今年、ピーが40年ぶりに復活したんですよね。そのライブはすごく見たかったんですが、チケットが売り切れていて見られなかったんです……。

中学になると洋楽を聴きだしてサイモン&ガーファンクル、PPM、ジョーン・バエズ、メアリー・ホプキンとかが好きでした。中2のときにビートルズのファンになって、中3のときに小室等さんの大ファンになりました。そのほかではジョニ・ミッチェルや森田童子さん。森田童子さんの3枚目まではすごく好きでした。あの人の音楽には逃れられない何かがありましたね。

ひとりのアーティストを熱心に聴いていたのはそこまでで、プロになってからはアーティスト単位ではなくアルバム単位で聴くようになっていくんです。好きだったのはブリジッド・フォンテーヌの2枚目『ブリジット・フォンテーヌは…』、キング・クリムゾンが80年代に新生キング・クリムゾンとしてリリースした3枚のアルバム(『ディシプリン』『ビート』『スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー』)、ブライアン・フェリーの『ボーイズ・アンド・ガールズ』、そして、スティングの1枚目『ブルー・タートルの夢』とライブアルバム『ブリング・オン・ザ・ナイト』。これらのアルバムはかなり聞きました。

あと、中学生のときにはラジオでしか聴いたことのなかったドアーズを40過ぎてからものすごく好きになりました。自分でもなぜだかよくわからないんですけど、あの時代の空気なんですかね。ものすごく聴きこみました。テレビゲームの「ドラクエ」と「FF」の音楽。オリジナル音源とオーケストラバージョンと二種類のCDを買ったりして聴き込みました。

P Pinterest

Pinterest

アメリカでFacebook、Twitterの次に来ると言われている写真共有のSNS、Pinterestにはまっています。6月の上旬に体調を崩して寝込んでいたときに、iPadで見つけて以来夢中になっています。まだ日本語版はないんですが、Pinterestは写真を見て楽しむサイトなので英語でも大丈夫だと思います。自分が撮った写真やネット上から取ってきた写真をピン(※写真を自分のボードにアップすること)して楽しむほか、Pinterestで自分がフォローした人が上げている写真をリピン(※他人のボードから自分のボードに画像を集めること)することもできます。いちばん多い楽しみ方は後者ですね。Pinterestで多い写真はインテリア、料理、ヘア、ネイル、景色、動物、ガーデニング関連ですね。いまわたしのボードは74個(2012年9月7日現在)あります。なかでもいちばん多く写真を集めているボードはフードとスイーツ、あとは何かが一カ所に集中してたくさん映っている写真が好きです。リピンしていると自分の好きな写真の傾向が分かって、そこが面白いですね。Pinterestを見ているとホントにいい写真がたくさんあるんだなって感心してしまって、自分でわざわざ下手な写真を撮らなくてもいいかな、なんて思ってしまいます。