猫森集会 第1回(2002年)11月1日~11月10日

「猫森集会」は2011年で記念すべき10回目を迎えます。 次回開催までのしばしの間、これまで開催された9回分をちょっと懐かしい写真達と共に振り返っていきたいと思います。

2002年11月9・10日(土)(日)

Dプログラム 

セットリスト

2002年11月9・10日(土)(日)Dプログラム
ゲスト:十亀正司(クラリネット他)

  1. 子守歌
  2. 銀河通信
  3. 森へおいで
  4. 猫が行く
  5. ねこの森には帰れない
  6. お人形畑
  7. SORAMIMI~空が耳をすましている~
  8. 青色帽子ツアー
  1. 青い鳥
  2. まっくら森の歌
  3. 闇に走れば
  4. 三日月の女神
  5. リカちゃんのポケット
  6. ガラスの巨人
  7. 学びの雨
  8. 海の時間
アンコール
  1. 僕は帰る きっと帰る
  2. あかり(※10日のみ)

回顧コメント

 どのプログラムも評判だったんだけど、なかでもDプロはずっごい評判がよかった!!そういえば1日目の十亀さんは熱があってフラフラだったんですよ。でも演奏がとっても良くってねー!『闇に走れば』『青い鳥』がすごく評判が良かった。「こんな良い曲だと思いませんでした」っていう失礼なアンケートもあったけど。ふふふ。それくらい感動してくれたんだなぁと思うと嬉しい。

 あ、あと忘れられないのが2日目の本編ラストに演奏した『海の時間』。1番はピアノとシンセで歌って、シンセの間奏からドラムのフィルががかぶって2番に入る...んだけど、1番を歌い終えたのに、その次にくるはずのシンセのフレーズが出てこない!「♪時を超えて~」シー...ン。もう30秒くらい沈黙していたような(笑)。このままお辞儀したほうがいいのか?もう打ち込みなしで2番に入ったほうがいいのか?でも考えているうちにだんだん笑いそうになってきてね。どうしよーって思っていたらやっとシンセの音が出て、事なきを得ました(笑)。どうやらその日だけ照明が暗くて手元が見えなかったんですって。AQは焦って頭が真っ白になったらしいよ。慌ててなにか違う曲の打ち込みとかが出ちゃったら大変だもんね。

 このプログラムの選曲は、温かみのある曲っていうつもりで選んだんだけど「とんでもない」って後でお客さんに言われました(笑)。確かに今考えるとけっこう夜の透明感のあるイメージですよね。夜の曲が多いってことはクラリネットやサックスっていうのは夜のイメージなんだな、私のなかで。

by 谷山浩子

アーカイブ